社会福祉法人 三田市社会福祉協議会

サイト内検索 powered by Google

日常生活のサポートを必要とされるみなさんへ

ホーム > 日常生活のサポートを必要とされるみなさんへ > 介護保険制度の説明や情報を提供します

文字の大きさ:

介護認定を受けられた方のケアプランを作成します[中央居宅介護支援事業]

中央居宅介護支援事業では

介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護保険制度の説明や情報提供を行い、利用者の心身の状況に応じた適切な介護サービや、地域の幅広い社会資源(インフォーマルサービス)を活用し介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
 また、各サービスと連絡・調整を行い、円滑にサービスが提供できるよう支援します。さらに市の受託事業として、要介護認定調査や介護予防支援事業を行います。

介護保険サービスを利用される皆さまへ

要介護認定の申請手続きを代行します
介護保険のサービスを利用するためには要介護の認定が必要です。そのため、市に申請書を提出しなければなりません。要支援1・2に認定された方は介護予防サービスの利用となります。
市の委託を受け訪問調査を行います
介護の必要性・身体状況をみる訪問調査と医師による意見書に基づいて、三田市介護認定審査会が判定し、要介護度を決定します(要支援1~2・要介護1~5)
「自分らしさ」を尊重したケアプランの作成を行います
介護保険サービスのみならず、市保健福祉サービスや制度外のサービスなどの情報を提供し、必要なサービス選択の支援を行います。(※ケアプラン作成にかかる費用は無料です)
●利用者・家族の方の気持ちを反映するプラン →要望の受容
●できるだけ自分の力を活用できるプラン →自立支援
●前向きなプラン →毎日をはつらつと
●目標のあるプラン →計画的
●利用者・家族の方が選択したプラン →自己決定
サービスの実施と評価を行います
月1回以上、自宅を訪問し、サービスの実施状況を確認しながら、状態や希望に応じて利用するサービス内容などの変更手続きを行います。

介護保険サービス利用のながれ

  1. まず、市介護保険課へ、要介護認定を受けるための申請をおこないます。
    中央居宅介護支援事業所では、申請手続きを代行することもできます。
  2. 認定調査を受けます。調査の結果と医師の意見書をもとに、市の介護認定審査会で要介護度が決まります。(要介護認定)
  3. 在宅介護支援事業と契約し、ケアマネジャーにケアプランの作成を依頼します。
  4. ケアマネジャーがサービスの調整を行い、サービスの利用を支援します。
介護保険サービスの対象となるのは
・65歳以上の方
・40歳以上65歳未満の「特定疾病」の方
※住み慣れた地域(在宅)で、自分らしく・安心して・楽しく暮らせるように支援します。

詳細は下記へお問い合わせください

介護サービスセンター 中央居宅介護支援事業所
受付時間
[月曜日~土曜日]9時00分~17時30分
(祝日・年末年始を除く)
連絡先
〒669-1514三田市川除675 三田市総合福祉保健センター1階
電話:(079)559-1865 FAX:(079)559-5706
Eメール
kyotaku@sanda-shakyo.or.jp
このページの先頭へもどる

Copyright (C) Sanda-city Council of Social Welfare All rights reserved.