社会福祉法人 三田市社会福祉協議会

サイト内検索 powered by Google

三田市社会福祉協議会とは

ホーム > 三田市社会福祉協議会とは > 地域福祉推進計画

文字の大きさ:

第2次三田市社会福祉協議会地域福祉推進計画を策定しました!

【検討の場】第1回地域福祉推進計画策定委員会

「三田=若いまち」として県内で最も若い都市ですが、今後確実に少子高齢化は進行します。また、既存の相談窓口では対応が難しい「制度の狭間」の相談、経済的な相談も増加する中、地域福祉を推進していくための中期的な計画が不可欠です。

「だれもが住みなれた地域で安心して生きがいを持って生活できるまち」を実現するために三田市における課題を整理し、市民・事業者・社会福祉協議会・行政等が協力して課題解決のために取り組むことをめざし、第2次地域福祉推進計画を、三田市と連携して策定しました。

三田市地域福祉計画と一体的に議論(策定委員14名)を行い、基本理念・基本目標・基本施策は共通となっています。

内容については、総合福祉保健センターをはじめ各地域福祉支援室に概要版・冊子を設置するとともに、以下からダウンロードもできますので、ぜひご覧ください。


第2次三田市地域福祉計画・第2次三田市社会福祉協議会地域福祉推進計画概要版

第2次三田市地域福祉計画・第2次三田市社会福祉協議会地域福祉推進計画冊子


【個別ダウンロード】

第2次三田市社会福祉協議会地域福祉推進計画

第2次三田市地域福祉計画


目標② 【基本目標②】カーボランティア活動を行う藍地区ボランティアアユート
(コーディネートの様子)
目標③ 【基本目標③】大規模災害発生時に備え、災害ボランティアセンター立ち上げ準備
目標④【基本目標④】様々な生きづらさを抱えた人同士の活動(セルフヘルプグループ)をまとめた冊子の作成

このページの先頭へもどる

Copyright (C) Sanda-city Council of Social Welfare All rights reserved.