社会福祉法人 三田市社会福祉協議会

サイト内検索 powered by Google

三田市社会福祉協議会とは

ホーム > 三田市社会福祉協議会とは

文字の大きさ:

三田市社会福祉協議会(社協)とは

社協は、誰もが安心して暮らせる“人にやさしい福祉のまちづくり”をめざして地域福祉を推進していく民間の組織(社会福祉法人)です。
地域の皆さまやボランティア、行政や他の福祉・保健関係者などの参加・協力を得て活動することを大きな特徴としており、民間組織としての自主性と広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性という、2つの側面をあわせ持った組織です。
「今、住んでいる地域がこうだったらいいのになぁ」「もっとこうだったら暮らしやすくなるのになぁ」という点を、皆さまからどんどん出していただき、解決・創造していく過程でお手伝いするところです。あくまでも、主人公は住民の皆さまです。

法的位置づけ

社協は、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として社会福祉法に位置づけられており、全国の市町村に設置されています。

社会福祉法 第109条
市町村社会福祉協議会は、1又は同一都道府県内の2以上の区域内において、次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であつて、その区域内における社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、指定都市にあつてはその区域内における地区社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が、指定都市以外の市及び町村にあってはその区域内における社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。
(1)
社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
(2)
社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
(3)
社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
(4)
社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

その他社会福祉法に掲げられている主な条文

(福祉サービスの基本的理念) 第3条
福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし、その内容は、福祉サービス利用者が心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとして、良質かつ適切なものでなければならない。
(地域福祉の推進) 第4条
地域住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者は、相互に協力し、福祉サービスを必要とする地域住民が地域社会を構成する一員として日常生活を営み、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられるように、地域福祉の推進に努めなければならない。
(経営の原則) 第24条
社会福祉法人は、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効率的かつ適正に行うため、自主的にその経営基盤の強化を図るとともに、その提供する福祉サービスの質の向上及び事業経営の透明性の確保を図らなければならない。
このページの先頭へもどる

Copyright (C) Sanda-city Council of Social Welfare All rights reserved.