社会福祉法人 三田市社会福祉協議会

サイト内検索 powered by Google

ボランティア・地域福祉活動に携わっているみなさんへ

ホーム > ボランティア・地域福祉活動に携わっているみなさんへ > 認知症サポーター養成

文字の大きさ:

あなたも認知症サポーターになりませんか?

認知症サポーターとは

認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者のことです。 なにか特別なことをするというよりは、自分のできる範囲でちょっとした手助けをすることがサポーターの大切な役割です。

たとえば

  • 友人や家族など周囲の人にその知識を伝える
  • 認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める
  • 隣人、あるいは商店、交通機関等まちで働く人として、できる範囲で手助けする 等

認知症サポーターになるには

  • 認知症サポーター養成講座(60分~90分)を受講すれば誰でも認知症サポ-ターになることができます。
  • 認知症サポーターには認知症を支援する目印となる「オレンジリング」が渡されます。
  • 認知症サポーター養成講座の開催日等は、三田市社会福祉協議会 地域包括支援センターにお問合わせください。
    (TEL 079-559-5941)
認知症サポーター100万人キャラバン 住み慣れた地域で暮らし続けるために、みんなで支えよう!

認知症サポーター100万人キャラバンとは

  • 認知症に対する偏見や誤解をなくすとともに、認知症になっても尊厳を持って地域で暮らせるように厚生労働省は平成17年4月から「認知症を知り地域をつくる10カ年」構想をスタートしました。
  • 「認知症サポーター100万人キャラバン」はその一環の事業です。地域で暮らす認知症の人やその家族を見守る応援者である認知症サポーターを、全国で100万人養成しようという取り組みです。
  • 認知症は誰にでも起こりうる脳の病気で、85歳以上では4人に1人にその症状があると言われています。今後、20年で倍増することが予測されています。

詳細は下記へお問い合わせください

三田市地域包括支援センター
受付時間
[月曜日~金曜日]9時00分~17時30分
※祝日・年末年始を除く
連絡先
〒669-1514三田市川除675 三田市総合福祉保健センター2階
電話:(079)559-5941 FAX:(079)559-5707
Eメール
houkatsu@sanda-shakyo.or.jp
このページの先頭へもどる

Copyright (C) Sanda-city Council of Social Welfare All rights reserved.