社会福祉法人 三田市社会福祉協議会

文字:
社協からのお知らせ
【6/1更新】新型コロナウイルス感染症の影響に伴う生活福祉資金貸付について

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を325日より受付を開始しております。

なお、4/30より求職活動の要件が緩和されるなど、内容が一部変更されました。詳細はしおりでご確認ください。

窓口にお越しになる前に、事前にお電話でお問合せください。

【相談・申込窓口】

権利擁護・成年後見支援センター TEL:079-550-9004

受付時間:9時~17時(土日・祝日、年末年始を除く)

緊急小口資金の詳細はこちら (6/1 差替え)

総合支援資金の詳細はこちら 

緊急小口資金特例貸付借入申込書

緊急小口資金特例貸付借入借用書

総合支援資金借入(生活支援費/新型コロナウイルス特例貸付)申込書

生活福祉資金(総合支援資金/新型コロナウイルス特例貸付)借用書 (5/26 差替え)

生活福祉資金(特例貸付)に関する重要事項説明書

収入の減少に関する申立書

届けようあさがお つなげよう笑顔HappyProject!

5月14日に政府が緊急事態宣言の一部解除の発表をし、兵庫県においても解除の兆しが見えつつあります。

しかし福祉現場では、すぐに今まで通りとはいかない状況です。先行き不透明な新型コロナウイルスの影響で、支援の必要な人に支援が届かず、ボランティア活動者は待ってる人がいるのに活動できないことへのもどかしさを感じています。そうして、このような時をいつまで過ごすのか…このままではすべての笑顔が失われてしまうのではないかという危機感を感じています。

そこで、多くの笑顔と希望を護るべく、市内の施設や事業所、支援の必要な方へ熱いメッセージと希望の種を届けるために応援してくれる方を募るクラウドファンディングを立ち上げました。

ぜひ、三田市をはじまりに、たくさんの街で笑顔を護り、人と人とをつなぐ希望の活動が広まることを願っています。

チラシは こちら

クラウドファンディングは こちら

2千円以上の個人の寄付金(会員会費を含む)が、税額控除の対象になりました。

 三田市社会福祉協議会に対する寄附は、従来から「所得控除制度」が適用されています。これに加え、2019225日から「税額控除制度」が適用される法人として三田市から認められました。

 「所得控除」は、寄付者の所得に応じた税率を寄付金額に乗じて算出します。

 「税額控除」は所得税率に関係がなく、所得税額から税額控除額を直接差し引きくことから、所得控除に比べて小口の寄付を行う場合などに減税効果が大きくなる事があります。

 「所得控除制度」または、「税額控除制度」をご活用いただき、三田市の地域福祉の推進の寄与する三田市社会福祉協議会に対しご寄付の検討をお願いします!

 

控除証明書はこちら

制度の詳細はこちら

市内の企業様から寄付していただいた食品を無償で提供します。

緊急事態宣言が解除され、少しずつ生活が戻りつつあり、我慢を続けていたことも解消されてきています。

しかし、まだまだ控えたりすることもあったり、経済的に著しい好転は見込めない予想もされます。

「あさがおプロジェクト」「さっちゃんマスクポスト」に続いて「さっちゃんのまごころお福分けネットワーク」を実施します。

第1弾として、企業様からご寄付いただいた食品を提供させていただきます。

「少しでも暮らしのお手伝いをさせていただきたい」という企業さまのまごころをお届けするとともに、継続したつながりづくりを目指していきます。


受付期間:5月31日(日)から6月6日(土)まで

申込方法:電話・メール・FAXにて下記①~⑤を多世代交流係までお伝えください。

①保護者名 ②住所 ③連絡先(電話番号) ④メールアドレス ⑤子供の人数 ⑥受取り希望場所

申込み・問合せ先:多世代交流係  TEL:079-562-8423 FAX:079-562-8424 Eメール:tasedai@sanda-shakyo.or.jp


※LINEでの申込みも受け付けております。QRコードはチラシをご確認ください。

チラシはこちら


マスクポストの設置をはじめました!

各家庭にある余分なマスクを集め市内福祉施設にマスクを届けるためにマスクポストの設置をはじめました!ぜひご協力ください。

 

◆対象マスク:・個包装のもの ・新品未使用・未開封 ・市販品(手作り不可)

・生地の種類は問わず(布・不織布など不問)・1枚から可

◆設置場所:ボランティア活動センター(三田市総合福祉保健センター内)

      各地域福祉支援室(三田市民センターを除く各市民センター内)

      シニアユースひろば(多世代交流館が開館後に開始)

◆設置ご協力:コープ三田西


チラシはこちら

貸室の一部利用再開について

  6月1日(月)から市内公共施設の貸館を「新しい生活様式」に基づき、3密を徹底的に回避したうえで、市が設けた基準に準じて一定の利用制限を設けながら段階的に再開します。なお、市内や近隣地域において再びクラスター感染(集団感染)が生じたときは、再度貸館の全面停止などを行ってまいります。利用者の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いします。

利用制限の詳細についてはこちら 総合福祉保健センターを利用される皆さまへ

令和2年度 赤い羽根共同募金 社会福祉団体・ボランティア団体・NPO支援事業の募集について

三田市社会福祉協議会では、標記事業の助成申請を受け付けております。

応募締め切りは6月19日(金)です。(※当日必着)

詳しくは実施要領をご確認ください。

受配要望書はこちら


さんだファミリーサポートセンター会員の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症の対応について


新型コロナ拡大防止のためにご不便、ご心配の多い生活をされていることと思います。

ファミリーサポートセンターでは、日々の状況を見ながら、会員同士の同意のもと活動を行っていただいています。

会員の皆さまには、安心、安全な行動が行えるよう下記のことをお伝えします。


・援助活動の留意点

○子供を預ける会員の皆さま(依頼会員・両方会員)

お子さまも含め、活動前には検温を行い健康状態の確認をお願いします。

風邪などの症状があった場合の活動は控えてください。(ご家族等に同じ症状が見られる場合も同様です)


○子供を預かる会員の皆さま

持病のある方、健康に不安のある方は無理な活動はせずにセンターにご相談ください。

活動中は、室内のこまめな換気、手洗い、うがい、マスクの着用をお願いします。

【4/30更新】喫茶室ポポロ休業のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月16日(月)~5月31日(日)のあいだ、喫茶室ポポロの営業をお休みいたします。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。


【4/10更新】新型コロナウイルス感染症予防対策における総合福祉保健センターの対応について

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、令和2年4月1日(水)から5月6日(水)まで延長して下記のとおりの対応とさせていださきます


・貸館の利用を停止します(利用停止期間中の前納利用料金は全額還付いたしますので、総合受付までお越しください)

・オープンスペース(無料で利用可能な座席)の利用を停止します

・市主催イベント、社会福祉協議会主催イベントにつきましては、ホームページ等でご確認ください

・各種相談窓口は通常通りです


最新情報につきましては三田市のホームページをご覧ください。

https://www.city.sanda.lg.jp/anzen/jyohoitiran.html


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力お願いいたします

みなさまの声 投稿はこちらから
このページの先頭へもどる
Copyright (C) Sanda-city Council of Social Welfare All rights reserved.